浜松・磐田でiPhone修理はお客様満足度1位のiMC磐田店へ

水没修理

iPhone修理で多いケースがiPhoneの水没、水濡れです。

トイレやお風呂場に落としてしまった、ジュースやコーヒーをこぼしてしまった、海に落としてしまった、雨に濡れてしまった…など状況は様々ですが、水没で大事なのは

できるだけ早く水から引き揚げ、速やかに電源を落し、きちんと水分を取り除くことです。

 

iPhoneを水没させてしまったときの緊急処置はまずこちら↓をご覧ください。

iPhone水没の緊急処置

水没修理について

防水機能のないiPhoneに、水は天敵です。

水没させてしまったiPhoneはその時は大丈夫に見えても、後々不具合が起きたりすることもよくあります。また、Appleの修理対象でも全損扱いとなってしまいます。

 

よくある症状としては、電源が入らない、画面が映らない、タッチが効かない、液晶画面に斑模様が残ってしまう、カメラが映らない、通話ができない…など、少し上げただけでもこれだけあります。

また見えない部分でも水に触れた部品は腐食やサビが進み、ショートを起こしたりきちんと動作しなくなってしまうこともあります。

 

水に浸かってから引き揚げるまでの時間や浸かった水の種類、その後の処置など、様々な条件によって様々な症状を引き起こします。

そのため、水没したiPhoneにはその後どんな症状が起こるか全く想像がつけられません。

 

真水以外の水分には不純物が多く含まれているため、まずしっかりとしたクリーニングは最低限必須です。

水没させてしまった場合、時間の経過とともに復旧の確率が変わってきます。できるだけお早い修理をおすすめします。

水没修理の流れ

iPhone水没修理の場合の流れをご説明させて頂きます。

まず水没修理は

基本的にデータを取り出すための修理です。

データを取り出したい!という目的がなければほとんどメリットがありません。

上記でご紹介したように、水分がどこに入り込んだかによって後々どんな不具合が起きるか分からないからです。

それは、クリーニング作業をきちんと施したiPhoneでも同じことが言えます。

どんなに丁寧に詳細にクリーニングをしても、一度水没してしまえば後々何か不具合が起こる可能性はつきまといます。

”どうしてもiPhoneのデータだけでも…”という時にご利用ください。

 

 

①iPhoneの内部クリーニング(約1時間~2時間程度)

水没したiPhoneは内部の奥深くまで水分が入り込んでいます。

まずは、その水分・ヨゴレの除去作業。

それから、水没後数分から発生し始めてしまう、サビや腐食、通電してしまった際にできてしまう焼け焦げの跡。

これらを念入りに行います。作業時間は水没の度合いにもよりますが、大体1時間~2時間程です。

 

 

②iPhoneの動作確認

クリーニング作業の後にiPhoneの動作確認を行います。

その際に、クリーニング作業のみで復旧された場合はクリーニング料金のみとなります。

動作確認により不具合箇所が発見された場合、その時点で一度お客様にご連絡をさせて頂き 、不具合箇所・不具合の度合い・部品交換の場合の料金をご相談、ご提案させて頂き、お客様のご意向に沿って修理を進行致します。

決して、お客様の同意なしに修理を進める事や、修理を強要するような事は致しません。

 

③iPhoneのご返却

修理完了後、修理iPhoneのご返却です。

水没修理の場合でも、基本的に当日中のご返却となります。

お渡しの際にお客様にも動作確認をお願いしております。

 

 

 

▲このページのトップへ